渋田 薫

SHIBUTA Kaoru

渋田 薫

Kanebo Make-up Institute, Pan Make-up School 卒業 クラシック曲をベースに、複数の音楽や自然音を表現するビジュアルアートに取り組んでいる。 バルセロナ芸術センター、サンタモニカ美術館、ロシア国立現代アートセンターNCCAなど世界各地のアーティストインレジデンスで制作発表、ライブパフォーマンスを行っている
http://instagram.com/shibuta_arts >>

  • 今までの作品について

    音楽を絵画に表現する作品に取り組んできました。少年自衛官、メイクアップアーティスト、花屋、料理人など、様々な仕事の経験を生かして制作方法を考えます。また、座禅によって人や土地が持つ特有の空気・意識を感じ取ります。
    2018年からはバルセロナ、ベルリン、ロシア、インドなど世界各地のアーティストインレジデンスで滞在制作発表、ライブパフォーマンスを行ってきました。 。

  • 今回のリサーチテーマ

    最高のお茶の薫りを表現したい。お茶は以前からとても興味を持っていました。
    和束の音楽や自然音、独特の雰囲気を感じ取る。禅との関係も探ってみたかったです。1日に1回、抹茶を点てて飲む。至福の時です。『無茶をするな』の語源は和束で知りました。

    他のアーティストのリサーチ法を参考にしたり、ディスカッションで自分を変えるというのも目標だったので、とても楽しみにしていました。 前半の中間発表までは、品評会のお茶に関係するもの、観光地、和束でたくさんの眠った曲を調べ、混ぜ合わせてイメージを作りました。感じたことをメモする感覚で描きました。

    茶摘み歌+雅楽+自由庵での演奏会+品評会用の茶工場の機械音

    中間発表後

    他のアーティストの発表、ワークショップ、自分発表への反応を見て、リセットして0からやり直したいという気持ちになりました。 滞在アーティストのクリストフと生活パターンが重なり、影響を受けました。毎晩、ゲストアーティストのYukawaさんのアドバイス、手法を聞くことが出来たので参考にさせていただきました。一度自分の偏った考えを全て解体し、特に気になった天空カフェ、和束音頭について深く掘り下げました。

    天空カフェ 京都、高台寺の傘亭を参考に作られた茶室 ボヤが原因で今のきれいなカフェに立て直されました。

    天空カフェまでの道はたくさんありました。

    裏山から歩いてみました。

    裏山の茶畑

    毎年茶源郷まつりで保育園児が和束音頭を歌っていました。今年で最後になる可能性高い。

    園児が歌う和束音頭 スケッチ

  • コミュニケーションについて

    役場の方々は本当に協力的でした。町を愛し、どうにか町を良くしたいというのが伝わってきました。お茶ついては熱く語る。これにはかなわないと思いました。
    滞在は他のアーティスト、ゲストアーティストと一緒にゲストハウスで生活しました。距離が近かったのですが、ほとんどの方が経験豊富だったので、それぞれが尊重し合い、あまり気を使うことはありませんでした。
    この環境で良かったのは、食事の時に情報交換、他のアーティストのリサーチに立ち会って情報量が増えた事です。
    また、別のフィールドのアーティストの手法を間近で知ることが出来、貴重な体験になりました。

    リバ・クリストフのドローイング

  • ハプニング

    いきなりハプニングが起こりました。持ち込んだ米の袋に穴が空いてました。滞在場所に広がり、リュックにも1合くらい。米というのはどこにでも入れるのでポケットやペンケースにも、あり得ない場所で米粒を見つけたら僕かもしれません。

    昔の和束の歌を絵に書き起こしていた時の事です。何かが腕をよじ登って来ました。虫や蟻は良くある事。ヘッドホンをして意識が曲に集中していたので、気にしませんでした。
    とても長い物体の感触でゾクゾクしたので、確認したら、ムカデでした。ムカデは体にフィットしてなかなか振り切れない事を知りました。

    事故
    和束の道は先が見えない。起伏が激しく急斜面が多い、苔にもいい環境なので道がすべる。
    いつもの運転では危険だと思いました。しかし歩くと大地を感じ、視界の変化が楽しい。

    電話をバスに忘れる
    和束の山道を歩きまわりました。疲れ果ててバスで湯船に戻りましたが、電話を車内に忘れました。バス会社に問い合わせたら無事見つけていただけました。しかも最寄りのバス停まで運んでいただけました。営業所まで取り行く覚悟でしたが、本当に親切な対応でした。

    和束の独特の自然環境が人に影響していると気づきました。

  • 今後の展開

    成果報告ではかなり喜んでくださる方が多かったですが、それを振り切るような作品をやりたいです。これまでは音楽を絵画に翻訳するという作業でした。

    一番やってみたいことは、
    作品プラン『Cadmium』
    場所 湯船のガソリンスタンド
    すでにクリストフ氏が描いて消したことで注目される場所です。
    植物はそのままに、人工物のみ色彩交換する。
    壁にはグラフィティ、緑に喧嘩を売るような色彩の人工物。人の行為と自然現象の境界を探る。

    水は本当にきれいなのか。見えない情報を明確に。人工物とグラフィティによって湯船が叫ぶような感じ。カドミウムレッド, コバルトブルー、毒で出来た色彩は鮮やかで異彩を放ちます。

    ミネラルが豊富、でも農薬が流れているという噂 昔は湯船が茶の本場、温度差のある環境が茶栽培に最高だが、現代の出荷に間に合わない。真の茶づくりを止めた。

    アート制作の結果、地域にもたらせるもの
    刺激、湯船復興のシンボルに
    茶畑、森林の景観が良く、車やMTBの通りが多いのでアートスポットに最適です。

    湯船の空き家活用、再生の始まり
    完成後、隣りの廃虚のごちゃごちゃを見てどう向き合うのか。
    隣りの元菓子屋を復活させる案が出やすくなる→カフェ、コンビニ、土産屋、ゲストハウス
    持ち主さんの説得
    プレゼン。湯船区長と持ち主さん、近所の方、民報。成果報告とこれまでの作品資料、今回の作品をやりたいという熱意を述べる。 町に刺激。ガソリンスタンドがとても音楽的イメージに変わります。心身を調整する。

    制作
    スプレー塗装して元の位置へ戻します。 まわりをマスキングして塗装

    ハプニング
    壁画にライブパフォーマンスのような形でグラフィティ。座禅、自然に合わせた状態から爆発する感じ。

  • 成果発表から

    その時考えられる長期滞在制作のための制作案も発表致しました。
    この提案で実施する場合、来年までに発展させる考えです。
    『ドラえもんでいいじゃん』2020
    『モーツァルトだっていいじゃん』 20xx
    園児の気持ちを歌う。和束音頭をベースに、なんかつまらないぜって感じのロック曲を描く。
    提案したプランのデザインが変わる。
    和束町で歴史や歩いてリサーチした中で、特に天空カフェ、保育園を取り上げさせていただきました。
    いま 過去 未来 を きっかけ で繋ぐ。
    事故や災害がきっかけで環境が変わる。きっかけで記憶を呼び起こす。
    アーティストが京都Re-Search=きっかけ


    現在 保育園
    2020年(保育園の歌が和束音頭→天空の言の葉)


    過去 小学校
    水害後の小学校の校長によるアルバム


    未来
    天空カフェ
    20xx年
    園児が今の農家さんぐらいになる年=園児の平均年齢+農家さんの平均年齢


    保育園・天井画『空』
    空気 部屋の天井画 週末のみ作業
    園児はだんだんと書き加えられるのを見届けます。


    和束音頭。来年歌われなくなる可能性が高いそうです。園児には意味を理解するのは難しい。
    歌詞がピアノ、子どもの高い音のおかげで明るいイメージ
    親しみやすい
    無くなるのは進歩か。どんな形で残すのか。
    曲を絵画に翻訳 音、雰囲気から天井画へ
    曲は心に記録
    寝そべって歌ったものを撮影。天空カフェ八角穴に当てる。和束音頭&天空の言の葉


    天空カフェ『Bonfire 20xx』
    山頂までの道のおもしろさ
    焚き火をして振り返る気分


    人生=和束の道
    天空カフェまでの道はいくつかある。裏山からリサーチ。獣道。曲がりくねった道、ぼこぼこ、先が見えない。道に迷う。汗かいて乾いてたどり着いたら別の山だった。また降りて目標を目指す。階段昇ってまた降りる。

    天空=未来、時空間、記憶庫
    大人になって立ち寄る、過去を振り返る場所
    ボヤから全てを新しく建て替え- 生まれ変わる、自身の更新

    壁面を雲肌麻紙
    床まで白
    天空カフェを更に想像で天空を感じる。
    日記の和束音頭のイメージ

    2020 滞在制作計画
    2019 茶源郷まつり
    練習風景の短編ドキュメンタリー、撮影、音を取る
    和束保育園による和束音頭の合唱
    (最後になる可能性が高い)

    展示後、タイムカプセルに映像作品を入れて埋める=穴、天空

    20xx年インタビュー 園児から係を決める。
    園児はおばさんになりました。天空カフェインスタレーションの中で歌って完成。


    地域と繋がる
    週末のお休み中、又は夜間の作業
    園児は制作を感じながら過ごす。
    園児が主役→小学校→天空カフェ

Copyright © Kyoto Prefecture. All Rights Reserved.