大京都2017 in 舞鶴 公開中!!

アーティスト×キュレーターによる新たなアートドキュメント
 
京都府では交流人口の拡大、地域の活性化へ繋げるさまざまな取組を行っています。
その一つとして、アーティストが一定期間滞在し、地域で制作を行うアーティスト・イン・レジデンス事業「京都:Re-Search」を実施し、地域が本来持ち得ているポテンシャルやその魅力をアートの視点から引き出すことを試みています。
今年度は、2016年度舞鶴市を中心に行った「京都:Re-Search in 舞鶴」のリサーチをもとに、地域の新しいドキュメント(=記録)を作成する「大京都in舞鶴」を開催します。昨年度の参加アーティストから2名を選抜し、新たに3組のキュレーターとアーティストを招聘。
約1ヶ月間におよぶ滞在制作と、そのプロセスを舞鶴市内各所で公開し発表します。

 
 
 

※発表期間中の開催場所・時間・参加費・申し込み方法等は随時発表していきます

 

詳しくは下記のリンクからご覧ください

 

大京都2017 in 舞鶴