Yukawa-
Nakayasu

YUKAWA Nakayasu

Yukawa- Nakayasu

1981年大阪府生まれ。歴史や習俗や習慣をもとに、社会や身体、日常に内在している営為や現象を視覚化する作品を制作。2018年にThe 12th ArteLaguna Prize大賞受賞(Arsenale, ヴェネツィア)、2017 年に『Japanese Connections』(Nikolaj Kunsthal, コペンハーゲン)など。近年では、2019年からアートハブTRA-TRAVELの共同代表を務め、2020 年『ポストLCC時代の』(京都芸術センター)のキュレーションを手がける。

  • 未開地のアフォーダンス

    本作は鷲峰山金胎寺の修行場にある御光ノ滝をえがいた暖簾をくぐり、一つ目の境界を越えることから始まる。
    そして先にある、根を露呈している自生の茶の物撮り写真、化学肥料を結晶化させた銅板エッチング、そして茶畑の石垣を模した彫刻は、人の手が行き届いた茶畑から疎外された自生の茶をとおして、鑑賞者の視点を自然の視点へと少しづつ傾ける。そして土地の自然物(石、土、水)を倉庫内に再構成した人工の滝は、展示会場を循環し、自然-人工物のはざまにある既成概念を揺さぶる。自然-人工物の境界は、未開墾地を開拓する者、山中に修行場をおく山岳信仰者、そして自然災害など様々な力学によってゆらいでいる。かたや既に開拓され安全性を担保された場所を往来している私たちの行動は、境界を越境することのない社会循環をトレースし続けている。私は聖武天皇時代に開拓された、恭仁京東北道以前の深山幽邃な気配を頼りに、この土地にある「自然-人工物の境界」の残像を作品へと遷すことで、境界を中和し未開へのわだちを描こうと思う。
    自然と人工物がハイブリットし未知の領域を限りなく開拓しつづける社会の流れに、私たちはいる。この流れの中、心身ともに粗野な感情をかきたてる境界や未開の地はどこにあるのだろうか?この疑問が既成概念や価値基準を融解し、私たちの内なる野生を明滅させるきっかけとなるかもしれない。
    Yukawa-Nakayasuは、山岳信仰が盛んであった和束町の「自然-人工物の境界」に着目し、放棄地の自然物を収集する事で、人工の倉庫内に滝行を行える未開地を出現させた。3階まで回遊する鑑賞プロセスは、「未知の自然とかけ離れた社会循環」にいる事を私たちに示唆し、粗野な感情をかき立てた。

    協力(敬称略)
    上嶋爽禄園、株式会社すぎもと、株式会社宮幸、北建材店、茶舗円通、AOIOA(芦内晋、西川元晴)、小畔夕、岸田吉博、高田幸人、富永一真、八木梓、山内秀明

« 1 3 »