渋田 薫

SHIBUTA Kaoru

渋田 薫

1980年北海道生まれ。音楽、自然音のリサーチを元に共感覚的に絵画へ変換する。これまでにエリザベスジョーンズアートセンター、バルセロナ芸術文化センター、サンタモニカ美術館、ロシア国立現代アートセンターで滞在制作発表を行っている。The 14th Arte Laguna Prize 特別賞(Arsenale, ヴェネツィア)。近年の展示に『Virtual Artists Trail』(SydenhamArts, ロンドン)、『After Greed Became Form』(White Rectangle Gallery, ロンドン)等。

  • 組曲

    身近な物事に和束の心を再発見。原山からの眺めを感じることからリサーチを始め、町を歩くと生き生きとしたものに出会いました。整った茶畑から飛び出る新芽、子どもの歌声、アスファルトを突き破る雑草、猿の群れ、町の人々の暖かさ。この経験を元にオーケストラの楽曲のように4つの絵画、『Back to the nature』『New green leaves』『Monkey time』『Tenor』を制作しました。