田中 良佑

TANAKA Ryosuke

田中 良佑

1990年 香川県生まれ。東京都在住。東京藝術大学大学院修士課程美術研究科壁画専攻修了。 「社会の中のそれぞれの『私』」という言葉を大切に、この世界で生きるそれぞれの人生の可能性を探る。「Exultation is the going」(東京•2020) 「hello/ENTER」(シンガポール/東京•2020)「working/editing 制作と編集」(東京•2020)「Nonsense Agency 」(台湾•2019)「As a flower」(個展/東京•2019) など。

  • Take Me Home (帰る場所を探して) (火を拾いに行こう)

    僕は味土野という山奥の村に通い始めて気付けば3年目になる。住人は2人だったけど、今年になり助産師の女性が住み始めた事を知り、会いにいった。彼女は、理想の暮らしと現実との葛藤などについてお話ししてくれて、とても感動した。ある時、「味土野に帰りますね」と彼女が言った。そのとき、僕にとってその村は”行く場所”であり、“帰る場所”ではなかったことに気がついた。その村にかつて“帰っていた”人たちのことを想った。じゃあ僕はどこへ帰るのだろう?それは1つなのだろうか?そんなことを考えていても、お腹が減る。山で拾った木々で火を起こす。この作品は、帰る場所を探す人の足跡のようなものだと思う。