高橋 臨太郞

TAKAHASHI Rintaro

高橋 臨太郞

1991年東京都生まれ。 東京藝術大学大学院術研究科博士後期課程在籍。パフォーマンスや 音楽演奏等、自身の身体 によって空間に働きかける表現をする。個展 「スケールヒア」(BLOCKHOUSE/東京•2019)。主なグループ展「清流の国ぎふ芸術祭」(岐阜県美術館•2020)「風景泥棒」(京都•2019) 「そとのあそび」(市原湖畔美術館 /千葉•2018) 「Social Concrete」(W+K+ Gallery/東京•2018)

  • Lagoon dust

    三津はその三方を山に囲まれ、そこから海に流れ込んだ生々しいの岩盤のシワに沿うように出来た集落だ。偶然的にできた有機的な街に住む人々は、その地形のくぼみにできる水溜りのように一時的で儚い存在に思えた。かつて人々は機屋、漁師、製塩などで休む間もないほどに働き、束の間に八幡神社の境内にある舞台で大衆演劇を楽しみ、労働と余剰の独特なリズムがそこにあった。私は、もう使われなくなったその舞台上に大きな水溜りとそこに落ちる雫を出現させる。