SIDE CORE

SIDE CORE

SIDE CORE

2012年より活動開始。メンバーは高須咲恵、松下徹、西広太志。美術史や歴史を背景にストリートアートを読み解く展覧会『SIDE CORE-日本美術と「ストリートの感性」-』(2012)発表後、問題意識は歴史から現在の都市や身体へと移行し、活動のを実際の路上へと広げている。「生きている東京展」(ワタリウム美術館・2020)「Out of Blueprints」(Serpentine Galleries・2020)