前谷 開

MAETANI Kai

前谷 開

1988年 愛媛県生まれ。2013年 京都造形芸術大学大学院 芸術研究科表現専攻修了。自身の行為を変換し、確認するための方法として主に写真を使った作品制作を行う。2019年より京都と滋賀の県境にあるシェアスタジオ、山中suplexに加入。主な展覧会に、「六本木クロッシング2019 展:つないでみる」(森美術館/東京•2019)「群馬青年ビエンナーレ2019」( 群馬県立近代美術館•2019)など。

  • 風景を見る身体について

    いま自分が見ている風景が、逆に自分を見ているとしたら。そんなことを京丹後ではよく考えます。海岸に立って海を見る時の、自分の身体を意識してみること、さらにカメラの視点が加えられ、「風景を見る身体」と、私がこれまで行ってきた、セルフポートレイトの方法が接続されていきました。自分を記録しようとカメラを見る時、自分という主体は、同時に被写体として見られることになります。これまでの内省的な行為として用いてきたセルフポートレイトという手法を発展させ、風景と身体の関係を扱う作品を作ることができるのではないかと考えました。