島袋道浩

SHIMABUKU

島袋 道浩

1969年神戸市生まれ。那覇市在住。1990年代初頭より国内外の多くの場所を旅し、そこに生きる人々や動物、風習や環境に関係したインスタレーションやパフォーマンス、ビデオ作品を制作している。パリのポンピドー・センターやロンドンのヘイワード・ギャラリーなどでのグループ展やヴェネチア・ビエンナーレ(2003/2017)、サンパウロ・ビエンナーレ(2006)などの国際展に多数参加。著書に、[扉を開ける](リトルモア) など。

  • 一休さんへ

    思わず「一休さん」と親しみを込めて呼んでしまう一休宗純禅師は、僕にとってのアートの始祖です。
    晩年を過ごされた京田辺の酬恩庵一休寺で展示をさせてもらえることは本当に心踊る、夢のようなことです。亡くなられる前の年に弟子の墨済に作らせたという木像。そのちょっと難しいお顔を少しほころばせられたらと思っています。